アフィリエイトのSEOでは長文が有効なのか

SEOの上位を見てみると、長文なものが結構多いですよね。
3000文字とか割とザラです。
皆さんは、副業でアフィリエイトをやっている方がほとんどだと思いますが、長文を書いている暇なんてないですよね。
では、長文のSEOは本当に有効なのでしょうか?
今回は、アフィリエイトで長文SEOが有効なのかどうかを解説していきます。

まず、アフィリエイトで長文SEOが有効かどうか…ですが、長文であることがSEOを上げる本質ではありません。
では、何がSEOを上げる本質なのでしょうか?それは「悩みの解決」にあります。

例えば、「脱毛 費用」と検索している人の悩みはなんでしょうか?
脱毛をするための費用がわからないから、それを知りたくて検索しているわけです。
極端な話ですが、そんなキーワードに対して 「おすすめのイヤホンの選び方」とかの記事が表示されたらどうでしょうか?それは、そのキーワードを検索している人には、まったく参考にならないわけです。

つまり、長文であるということは必ずしも必要なわけではなく、「悩みの解決」さえ出来ていれば、長文である必要はありません。

ただ、一つ注意点があります。それはSEOの仕組みです。
SEOでは、「そのブログにいる時間」が長ければ長いほどに、順位が上がりやすくなります。
当然ですよね。
「脱毛 費用」と検索して、ページをクリックして、そしてすぐにブラウザバックをするということは、どういうことでしょうか?
「その記事は見る価値がなかったから、別のサイトやブログに映った」ということです。
もちろんすべてのケースでそうではないですが、GoogleのAIはそう捉えます。

つまり、長文ということは、もしその文章を最後まで読んでくれるのなら、長い間そのブログに滞在していて、「多くの価値をユーザーに提供した」ということになります。
そうなれば、SEOが上がるのは当然ですよね。

ですから、無味乾燥な長文ではなく、しっかりとした意味のある、価値のある長文ならば、SEOの評価は上がりやすいという事です。

なので、皆さんに知っておいてほしいのは、そのSEOの仕組みです。
「長文だから伸びやすい」のではなく、必要に応じて長文にして、あるいは不要な情報が多いならば文章を短くする。
このような工夫が必要というわけです。

副業で時間がないという方でも、必要であれば長文にするべきです。
せっかく書いた記事にアクセスが集まらない方が時間の無駄ですから。
今回は、「長文SEOが有効かどうか」について解説しました。
参考になれば幸いです。